【業界標準】DMPを導入した21世紀のWEBマーケティング

マーケティング.NAVI
最新のweb事情についてご存知??

CRMとの違いと優位性

PC

DMPを使用してWEBサイトを改善しようと様々な情報を見ているとCRMの方が良いという情報を頻繁に見かけることがあるでしょう。DMPとCRMは名前こそ短縮文字で似ていそうですが、基本的に全く別のプラットフォームです。まずCRMとは顧客管理プラットフォームの事で、顧客を管理しながら顧客に対して最適なマーケティングやアプローチを行なえるために分析をしたりする機能が搭載されています。CRMは顧客という限定された範囲での効率的なマーケティングを行ない、顧客1人当たりの満足度を高め良好な関係を長期に渡り続けていこうという目的のもと開発が行なわれました。WEBサイトでもCRMを利用する機会はあり、CRMを用いることで会員制サイトなどでは会員に対して行なうメルマガ発行やサービスの提供、また広告キャンペーンなどを打つ事ができるようになります。
対してDMPとはWEBサイトの情報を収集し、この収集したデータを分析した上でPDCAを回すことを想定して開発されました。DMPにはデフォルトで情報のインプットから分析、アウトプットという機能が備わっていて、自動的にアウトプットまで行なうことが出来るようになります。顧客の満足度を高めるような広告を打つために用いられる事もありますが、WEBサイトのパフォーマンスを改善するためにも用いられますし、ABテストをするためにも用いられます。DMPはCRMよりもより幅広い層をターゲットとして分析を行ない、そして様々な改善点を見出すことが出来るようになります。CRMとDMPは基本的に別システムなので比較することはできませんが、WEBサイトの改善点を修正するためにはDMPが優位であることが分かります。またDMPは扱うデータの量が非常に豊富で、これらデータをデータベースとして保存することが可能です。過去のデータとの比較を行ないながらこれから先の状態を予測することが出来るというのもDMPの魅力と言えるでしょう。

WEBのPDCA

データのやり取り

インターネットサイトのPDCAを回すためにはDMPなどのデータ収集分析ツールを活用する必要があります。これらツールを活用することで効率的な分析が行なえ、サイトの問題点を解決することが出来る糸口が見つかります。

対象を見極める

男性

DMPを活用すると広告を打つ際に最適なターゲットの選定とタイミングを見極めることが出来ます。あらゆる情報をたくさん集め、これらデータから特定の法則見つけることができると効率的なマーケティングを実現します。

統合ツールを用いる

PCを触る

インプットと分析とアウトプットを行なう事がWEBサイトの改善には必要不可欠で、DMPを利用するとこれら改善が基本的に簡単に行なえるでしょう。中にはほぼ自動的に行なってくれるDMPもあり、手間暇かけない分析が可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加